【事例1】 ポイント

  • 相続手続きで、まず必要なことは、亡くなった方の戸籍を集めること。
    市区町村の窓口で、「相続に必要な戸籍をください」というと、一式出してもらえる。

  • 次に亡くなった方の財産の把握。預貯金は通帳か各支店の窓口で問い合わせ。
    不動産は課税明細か、市区町村の窓口で評価証明を取得。

  • 遺産をどのように分けるかを決める遺産分割協議は相続人全員で行う必要がある。

  • 遺産分割協議書は、全員が実印で押印し、印鑑証明書もつける。

  • 預貯金や不動産の名義の変更は、これらの書類を全てそろってから。
  •  

  • 戸籍は子供の配偶者は取れない場合があるので、委任状を渡しておくと便利。
  •  

  • 戸籍は郵送でも取れる。

  • 亡くなった人の口座はロックされて、お金が下ろせなくなる。
    将来の相続に備えて、生命保険を活用するという方法も。

  • 生命保険を活用する場合、契約者によって税金が変わるので注意が必要。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ