【事例10】ポイント

  • 未成年者が押した印では、相続の手続きは進まない。
  •  

  • 相続人に未成年者がいる場合、特別代理人を選んでもらう必要がある。
  •  

  • 特別代理人は、相続人以外から選び、一人につき一人ずつ。
  •  

  • 遺産分割協議書には特別代理人が押印し、
    印鑑証明書も特別代理人のものを用意する。
  •  

  • 家庭裁判所に報告した内容であれば、
    特別代理人が大きな責任を負うことはない。

 

 

このページの先頭へ