【事例15】ポイント

  • 任意後見(任意代理)と遺言を組み合わせれば、
    飼い主に万が一のことがあっても、ペットが路頭に困らなくすることができる。
  •  

  • 自分は亡くなっていないけど世話ができない場合
     ⇒ 任意後見と任意代理の契約
  •  

  • 自分が亡くなってしまった場合
     ⇒ 遺言
  •  

  • ペットの里親を探す団体や、生涯預かる団体に引き渡すことになるので、
    それなりの費用はかかる。
  •  

  • しかし、それと引き替えに、安心して生涯ペットと暮らせる生活が実現できる。

 

 

このページの先頭へ