【事例2】 ポイント

  • 遺産の分け方には、現物分割、換価分割、代償分割の3とおりがある。
  • 現物分割は、遺産ごとに誰がもらうか決める方法。
  • 換価分割は、遺産を売却して、そのお金を分ける方法。
  • 代償分割は、名義をもらった相続人が、名義をもらわなかった人にお金を支払う方法。
  • 相続人の話し合いがつけば、どのような分け方をしてもよい。
  • 遺産が不動産や会社だけで、現金があまりない場合、後を継ぐ人以外に支払うお金(代償分割の代償金)を用意するために、保険を活用する方法もある。

 

 

このページの先頭へ